施術後のケア

豊胸施術をやれば終わりというわけではなく、むしろやった後が肝心と見てもいいでしょう。やはり体を直接的にいじるものであるため、何かしらの違和感や異常が出るのはおかしいことではありません。場合によってはしばらく経って何かしらの支障が出る場合もあるのです。

その支障を防ぐためにアフターケアは大事なものとなります。アフターケアとしては医師側が検査して支障がないか確認することもありますが、基本的には施術を受けた女性本人の行動がポイントとなってきます。

まずは受けた施術にもよりますが、基本的には受けた後はしばらく安静にしておいた方がいいでしょう。激しい動きをするとそれによって胸に留まらず体全体に異常が出てしまう可能性があるからです。風呂も入ると問題が出る場合があるため、しばらくは入らないようにする必要があります。

そしてポイントとしては胸にマッサージをすることです。しかし素人が適当にマッサージをするのは逆効果になる可能性が高いため、マッサージの方法はしっかりと施術した医師に指導してもらった方がいいでしょう。マッサージはしばらく続けることが大切です。何かしら不安が出てきた場合には施術を受けた医師に遠慮なく相談をしに行きましょう。

施術前のケア

大事なのはどちらかといえばアフターケアの方ですが、施術を行う前のケアも大事です。しかし施術前に何のケアをするのか疑問に思うかもしれませんが、施術前に行うのは女性の体ではなく心のケアとなります。というのも豊胸施術は体に手を加えるものであるため、人によっては不安になるの当たり前です。現にこの豊胸施術によるトラブルは幾つも出ているため、それを考えればおかしくはない話です。

その施術を行うのが不安な女性のために、豊胸施術の方法の説明をして安心させて受けてもらうようにするのが行う前にするケアです。流れとしては基本的に女性側がどの程度のどのような豊胸施術をしたいのか希望を話すことになります。それを聞くことで施術をする医者の方はそこから最適な施術を導き出すことになります。

その上で導き出された施術を女性に説明することになります。施術をどう進めるか、安全かどうか、どれくらいの時間と費用がかかるか、アフターケアはどうなるかといった情報です。仕方がないことですが当然のことながらデメリットとリスクに関しても話さなければいけません。どんなものにも結局は欠点は存在するからです。

そして話を聞いた後には受ける側の助成が何か分からない疑問点があれば質問を促すことになります。やはり「不明」な点があるのは不安を生むためにそれを解消してやりたいからです。

豊胸施術とは

豊胸施術は胸を豊かにするという名称の通りに女性の胸に手を加えてバストアップをしたり、形を整える施術をすることです。その内容の関係上、男性には無縁のものではあります。方法としては基本的に3つが存在し、脂肪を自分の別の部位から取り出してそれを胸に注入する方法、胸にシリコンバッグを埋め込む方法、ヒアルロン酸を胸に注入する方法があります。

脂肪の場合には自分の体から抽出してそれを注入するため拒否反応が起こる心配がなく安全に豊胸をすることができます。また、体の余分な部分から取り出すためにダイエット効果も期待できる方法になっています。しかし脂肪を取り出すという関係上、その効果はそこまで大きいものではありません。

ヒアルロン酸は脂肪より更に安全で簡単に施術できる方法ですが、効果が大きくない上に時間が経てば戻ってしまいます。

シリコンバッグは胸に直接詰め物をするためかバストアップという意味では一番効果が期待できます。しかし体内に「異物」を入れることにはなるため、他の2つに比べると違和感もあり、シリコンに異常が出ると本人も危ないために危険性もある方法です。

しかしどれを選ぶにしろ、胸に直接手を加えるため必ずしも安全というわけではないのは確かです。そのためにこの豊胸施術は行う前のケアと、行った後のアフターケアがとても大事となっています。不安な点があれば、術前に必ず医師に相談するようにしましょう。札幌の美容外科クリニックの1つでは無料でメール相談を受け付けしているところがあります。他にもこのような無料で相談を受付ているクリニックはあると思いますので、じっくり探してみるようにして下さい。